失敗しない二人掛けソファー選び

リビングでゆっくりくつろぐための必須アイテムであるソファー。同棲しているカップルやまだ子どもがいない新婚夫婦に今人気なのが二人掛けソファーです。二人でゆったりと並んでくつろげるのが二人掛けソファーのメリット。小さな部屋にも設置できるコンパクトなサイズのものや大人が横になれるくらいの幅がありゆったりと座ることができる大きめのものなどそのサイズは様々であり、また通常の高さのソファーと座椅子のように足をまっすぐのばすことができ、こたつも設置できるローソファーといった高さの違いもあります。さらに、布地と革といったカバーの素材やデザインの違いもあり、いざ選ぼうとするとあまりの種類の多さから迷ってしまいます。失敗しないソファー選びのためには事前にどのようなタイプのものがあるか、それぞれのメリット・デメリットは何かを把握することが大切です。

二人掛けソファのサイズの選び方

二人掛け用のソファといってもそのサイズは様々で、幅が1300mm程度のものから1700㎜程度のものまで様々です。一般的には部屋の広さとどれだけゆったりと座りたいかによって幅を決めますが、忘れてはいけないのがソファの奥行です。例えばソファの奥行きが50mm変われば、ソファとテレビまでの位置も50mm変わってきます。実際に座ってみると、奥行きは部屋の広さの感じ方に大きな影響を与えますので、あまり部屋が広くない場合には奥行きをおさえたソファを選ぶのがポイントです。座面をなるべく広く取りたいという方は背もたれの厚さを抑え目のものを選ぶとよいでしょう。また、アームレストの幅もサイズに大きな影響を与えますので、普段どのような姿勢でソファに座るかを事前に想定し、ライフスタイルに合った形のアームレストのものを選びましょう。

二人掛けソファーのタイプ・構造の選び方

二人掛け用のソファにも一般的な高さのタイプとローソファタイプのものがあります。リビングでお客をもてなすのであれば座面の高さは400㎜程度のものが適しているとされています。一方、ゆったりとくつろぎたい場合や、こたつを使用する場合にはローソファが適しています。ローソファで注意したいのは、高齢者にとってローソファは立ち上がるのに苦労するということです。祖父母や両親などの高齢な方を家に招くことが多いのであれば、ローソファでないタイプのもののほうが望ましいと言えるでしょう。また、ソファの構造に関してはコイルが入っているものと入っていないものがあります。コイルが入っているものの方が劣化は少なく、しっかりとした座り心地ですが、価格が高くなります。コイルが入っていないものは厚みのあるクッション材が使用されており、ふかふかとした座り心地で価格が比較的安いのが特徴ですが、数年たつと徐々にクッションが劣化していきます。