二人掛けソファーはサイズに注目しよう

リビングでくつろぎのスペースを設けたいと考えるのであればソファーがおすすめです。特に人気なのは二人掛けソファーです。夫婦で、親子でテレビを見たりお茶したり、時には一人で寝転がったり、有効に使いましょう。とはいえ、家具の中でも存在感があるものだけに選び方には注意したいもの。二人掛けソファーという名で売られているものはさまざまな種類があるでしょうが、ベッドのようにある程度のサイズが決まっているわけではなく、メーカーやデザインによってサイズにはバラツキがあります。120センチから165センチ程度までと幅がありますし、中には2.5人掛けソファーなどあいまいな分類を設けているようなメーカーというのもあるのです。二人でゆったり座れて邪魔にもならない、そんなソファーを選び出すにはサイズに注目しましょう。

チェックしなければならないサイズとは

二人掛けソファ全体の横幅は同じであっても、デザインによって座り心地は異なります。注意が必要なのは座面の横幅サイズ。肘掛部分がゆったりしたものだと腕を置いたときに安定感がありますし、横になった時にも頭を置くことができてくつろげるものの、座面部分はその分せまくなってしまいます。1人分の幅は60センチ前後を目安に選び出しましょう。とはいえ、座る方の体格や座り方によっては窮屈に感じられる場合もあります。あぐらをかくという方なら、幅とともに少し座面に奥行があった方がリラックスできます。できれば実際に二人で座ってみてその際の距離感も確認しておいた方が失敗は少ないでしょう。「○人用」という表示はあくまで基準であり、それを完全に信じて買うのはあまりよい買い方とは言えません。

リビングを狭くしないためのサイズ選び

大きな家具だけに、サイズ選びは慎重に行ないましょう。お店の広い空間の中では小さく見えても実際に届いてみたら予想外に大きかったというケースはよくあります。置く場所のサイズをきちんと調べ、その周りにも動線がきちんと確保できるかどうかを確認して置きましょう。頭まですっぽり包み込むサイズの方が安定はするものの、低めの座面の方がソファの存在感が少なくなり部屋を広く見せることができます。テレビ台の高さやテレビ自体の大きさも考えて高さを選びましょう。ソファで座ってテレビを見るというのは毎日のように行なうことです。違和感があるままの状態だと身体の歪みが生じ健康被害にも繋がります。せっかく購入する二人掛けソファですから、失敗のないようによく考えて選び出しましょう。