二人掛けソファーの選び方探し方

一人でゆったりとくつろげるソファーもよいですが、二人暮らしをしているなら二人掛けソファーがあると便利です。特に二人だからといってソファーに定義のようなものはありませんので、スペースがあるなら何人でも腰掛けることができます。だからといって適当に選んでしまうと、使い勝手の悪いソファーになってしまい、殆ど使うことなく処分せざるを得なくなったり、部屋の片隅で物置として使われるのでは話になりません。いつまでも便利に使い続けられるソファーを入手するには、購入前の基礎知識がとても重要なポイントになってきます。ポイントはいくつかありますので、それを基準に購入してみると、希望通りのソファーに巡り合うことができるはずです。家具店に向かう前の参考情報として役立ててみましょう。

横幅のサイズを確認するのが最も重要

定義のない二人掛けソファですから、基本的に横幅のサイズを最優先に選ぶのがよいといえます。横幅が足りなければ二人で腰掛けると窮屈になってしまいますので、非常に重要な確認ポイントです。腰掛ける幅を決めるのが座面です。ソファ全体の幅で決めてしまいがちですが、肘掛け部分が含まれているものだと、その部分の幅が全体のサイズに含まれますので、サイズの大きなソファを選んでも座面の横幅が狭いものも存在します。別の椅子や床でも構いませんから、まずは座ってみましょう。腰の部分の幅を測ってみて、大体このくらいのサイズであれば腰掛けられる基準のサイズを見つけてください。基準のサイズで二人が余裕をもって腰掛けられる座面の横幅が確保できるソファが、最適なサイズです。

形状や素材についても吟味すること

二人掛けソファにはハイバックとローバックが存在します。ハイバックというのは、背もたれが高めで、背中から肩の周辺まですっぽりと包み込むような使い心地があります。ローバックはその逆です。座り心地で見るとハイバックはホールド感があり、魅力的に見えますが、二人掛けのソファだと横幅がやや大きくスペースを取りますから、どちらかといえばローバックの方が圧迫感を抑えられて室内をすっきりと見せることができます。二人で使っていると、一人は綺麗に使うように気を付けていても、もう一人は使い方に無頓着で汚れが付着してしまうというのもよくあります。汚れ対策として、お手入れがしやすい素材のソファを選ぶことをおすすめします。拭き掃除をするなら布製よりも革製の扱いが簡単です。